学習療法

11月1日(日)に、千葉県幕張にて行われた学習療法シンポジウムに職員と参加して参りました。
かの有名な東北大学の川島 隆太教授のセミナーもあり非常に有意義なものでした。

因みに、川島 隆太教授はこちら

44969 41380510035

有名なDSのソフトを作った凄い教授です!
千葉県出身のようですが、東北に長く住んでいるのか訛りが東北の方でした(笑)

学習療法とは?

川島 隆太教授が科学的に脳の研究をして、結果が既にでている脳のトレーニング法です。
『くもん行くもん』で有名な公文式と共同で行っているもの、それが学習療法になります。

弊社では、この学習療法を取り入れていく予定です。
職員の研修もある為、最短でも2016年3月~ のスタートとなりそうです。

学習療法について詳しい内容はこちら
公文式 学習療法公式HPページ)をご覧下さい。

シンポジウムにて

映画、『僕がジョンと呼ばれるまで』を上映し、職員全員で見ました。
僕がジョンと呼ばれるまで 公式HPページ

アメリカ・オハイオ州にある高齢者介護施設は、平均年齢80歳以上、ここに暮らす多くの方が認知症を抱えている。スタッフのジョンは施設で暮らす高齢者 に、「僕の名前を知っていますか?」と毎日尋ねるが、いつも返ってくるのは「いいえ」という返事だった。入居者たちはスタッフと一緒に、学習療法という、 読み書きや簡単な計算をする認知症改善プログラムに取り組む。認知症と診断されて2年になる93歳のエブリンは、自分の名前も書けず、ジョンとの会話も噛 み合わなかった。しかし、学習療法を続けるうち、彼女に大きな変化が訪れる。趣味の編み物を再開し、笑顔でジョンに話しかけるようになり、かつて得意だっ た辛辣なジョークまで復活したのだ。仲間と一緒に学ぶことで、大切なものを思い出していく入居者たち。そのことはスタッフや家族も笑顔に変えていく。この 映画の登場人物たちの笑顔は、いまだ根本的な治療法のない認知症に対する不安を希望に変えるヒントになるはずである。(http://movie.walkerplus.com/mv54996/ より参照)

でドキュメンタリーの主演となった、ジョンと一緒に写真を撮って頂けました!

ファイル_007ジョン氏とデイサービス喜多村の職員

映画は学習療法が海外で通じるかの実験をしたもので、薬物を使わずに劇的な成果を上げているものでした。
これは、必要だ!とすぐに感じ、学習療法を実践しようと思わせてくれた作品です。出来る限り多くの人に見て頂きたいです!